昨日、朝起きてリビングに行くと、母が言いました。
「テレビが映らない」

私もあれこれさわってみたけど、本当にびくともしません。

見ると、本体の主電源が赤色で点滅していました。
もしかしたら、修理でいけるかも、とわずかな期待をしつつ、
いつもの電気屋さんに電話しました。

思えば、一週間前くらいから兆候はありました。
テレビをつけて10分くらい、右上の角が暗くなるという兆候。

今のテレビをいつ買ったのかは定かではないけど、
おそらくは2004年頃だろうってことなので、今年で13年でした。

電気屋さんは電話口で言いました。
「今日休みなんですけど、どうしました?」

母は答えました。
「テレビが映らなくなったんです。」

電気屋さん、間髪を入れず、
「すぐ行きます。30分で着きます。」

さすがは街の電気屋さん。
母がテレビなしではいられないことをよ~く心得てらっしゃる。(笑)

結局、テレビは買い替えることになりました。

原因は基盤の故障で、修理できるけど3万ほどかかるし、
結局もう古いから、ひとつ直してもまた故障が出てくる可能性があるとのことで。

やっぱりね。
あ~痛い出費だな。
 
でも、思ったほど高くなかった。

40インチの4Kで18万。
前は同じ大きさで50万でした。

ほんと、テレビって安くなりましたね。

画像はもちろんきれいだし、
画面は枠がなくなってスタイリッシュ。

さすが、13年も経つと進化してます。

それにしても、対応が早い。

テレビが壊れて10時に電話して、
13時には新しいテレビが設置されました、仮置きですけど。

ほんと、街の電気屋さんに感謝です。

これからも、電化製品はそちらで買い続けます。
だから何かあったら、すぐ来てね。(笑) 

そして、古いテレビとはお別れです。

お疲れ様でした。
長い間、母を楽しませてくれてありがとう。


励みにしてます。どれかおひとつ押してもらえたら嬉しいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ

こちらも押していただけたら嬉しいです。


投資記事はこちらに引っ越しました。(もうすぐ50歳。ひとり女の株式投資

広告