勤めていた会社ではラジオ体操をする決まりがあった。
9時3分前と15時の2回。
時間になると館内にラジオ体操の曲が流れる。
全員仕事の手を止めて、一斉にラジオ体操を始めなければならなかった。

124191ラジオ体操

私はこれが嫌いでした。

私の仕事は肉体労働ではなかったし、職場は工場でもなかった。
私は毎日スーツを着ていたから、ラジオ体操には不向きな格好だった。
会社でラジオ体操をやる意義を感じなかった。

でも、会社をやめた今は毎朝ラジオ体操をしている。

会社をやめて通勤がなくなり、毎日家に居ることが多くなると、あっという間に体が重たくなった。
体重はそれほど変わらなかったけど、「これはまずい」と自覚的に体を動かすことを考える必要を感じた。

そして最初に始めたのが、ラジオ体操だった。

毎朝、ベランダで体操をしている。
体の節々が伸びて気持ちいい。
会社で義務的にやってた頃とは達成感が違う。

意義の有無は、何ごとにおいても、とても重要だ。

ラジオ体操はおすすめです。
運動不足の人は是非どうぞ。